一発出来茶太郎のバーチャル旅行

千葉 流山 一茶双樹記念館

2023.5.6撮影分

一茶双樹記念館

〒270-0164 千葉県流山市流山6丁目670-1
℡ 04-7150-5750

安政年間(19世紀中頃)の建物を解体修理し(旧秋元家)平成2年(1990)に『小林一茶寄寓先』として流山市指定記念物(文化財)の第一号に認定され、平成7年(1995)に現在の施設としてオープンしました。

あがれ山で江戸時代の俳人小林一茶(1763~1827年)は、人生の多くを旅にすごした。 中でも流山を含む下総地方は、最もよく訪れており、その地の俳友達に俳句を指導したり、情報を交換したりして、生活の糧を得ていた。 流山で一茶と親交が篤かったのは醸造